2018.5.26 12:40(1/2ページ)

仏メディア「日本は危機に瀕している」グループHは“力が均衡”も3強1弱と分析

仏メディア「日本は危機に瀕している」グループHは“力が均衡”も3強1弱と分析

仏メディア「日本は危機に瀕している」グループHは“力が均衡”も3強1弱と分析

仏メディア「日本は危機に瀕している」グループHは“力が均衡”も3強1弱と分析【拡大】

 ロシア・ワールドカップ開幕まで3週間となり、フランスメディアが各グループの展望記事を公開した。その中で、グループHの日本は勝ち上がりが最も期待薄だと分析している。

 フランス『Europe1』はグループHについて「H組の勝ち上がり2席を争うのは、ポーランド、コロンビア、セネガルの3チーム」という見出しで日本の苦戦を予想している。

 「グループHは、おそらくロシアW杯の各グループで最も力が均衡している組だ。ロベルト・レヴァンドフスキのポーランド、ラダメル・ファルカオのコロンビア、サディオ・マネのセネガルが有力と見られる。日本については、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督を更迭したことにより、明らかに勢力は縮小した。危機的状況にあることは間違いない」

 グループの勢力図については「ポーランドはデンマークを含んだグループを勝ち抜き、容易に欧州予選を勝ち抜いた。16年ぶりのW杯本大会ながら、この中では最も上位と見られる」と、ポーランドが1位通過の有力候補だと伝えた。

 「コロンビアは3月にフランスから勝利し、ファルカオとハメス(ロドリゲス)が率いるカフェテロス(コロンビア代表の愛称)は、4年前と同様に上位へ進むチャンスがある」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 仏メディア「日本は危機に瀕している」グループHは“力が均衡”も3強1弱と分析