2018.5.22 18:15(1/4ページ)

「元気で、フェルナンド。愛おしいフェルナンド…」アトレティコ記者が送る愛の手紙

「元気で、フェルナンド。愛おしいフェルナンド…」アトレティコ記者が送る愛の手紙

「元気で、フェルナンド。愛おしいフェルナンド…」アトレティコ記者が送る愛の手紙

「元気で、フェルナンド。愛おしいフェルナンド…」アトレティコ記者が送る愛の手紙【拡大】

 ついに、フェルナンド・トーレスとAマドリードの愛の物語は終わりを迎えた。

 11歳で下部組織に入団。その6年後にトップチームデビュー。瞬く間にエースに成長。そして23歳の時にリバプールへと移籍--。一度目の別れを迎えた。

 それから、2011年に移籍したチェルシーでは、その翌年にチャンピオンズリーグ(CL)を制し、さらにその翌年にはヨーロッパリーグ優勝を経験。スペイン代表としても、2010年にワールドカップ、2008年と2012年にEUROを制覇した。そして2015年、すべてを勝ち取り、愛する古巣へと戻ってきた。

 しかし、2度目の愛も長続きはしなかった。

 彼が去った後の2011年、ディエゴ・シメオネが就任。トーレス在籍時は低迷し、すべてを彼に頼っていたクラブだったが、闘将のもとでチームは生まれ変わった。世界の名だたるストライカーがプレーし、毎年のようにリーガ、そしてCL優勝を狙い世界のトップクラブへと成長した。

 そこには、リバプール時代の大ケガによってすでにキャリアのピークを過ぎていたトーレスにピッチ上での居場所はなく、最後まで戦い続けたが、核となる選手に離れなかった。

 こうして、トーレスとアトレティコは2度目の別れを迎えることとなった。34歳のトーレスは、もはや選手としてアトレティコでプレーすることはないだろう。今回の別れは、トーレス、そしてアトレティコスにとってこれまで以上に辛いものになる。

 それは、彼を長年追い続ける記者も同じだ。スペイン最大紙『マルカ』アトレティコ・セクションのチーフ、アルベルト・ロメロ・バルベーロ氏もまた、大きな悲しみを感じている1人だ。約10年に渡る愛の物語が終りを迎えた数日後、自らの思いの丈を手紙として記している。

 一大ビジネスと化した欧州フットボール界で、これほどまでに選手とクラブ、そして記者が愛によって結びつくことはそうないだろう。今回は彼の愛情のこもった書簡を特別に公開する。遠いスペインの地で生まれた「センチメント」に、思いを馳せてみるのも良いのではないだろうか。(文=Goal編集部)

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 「元気で、フェルナンド。愛おしいフェルナンド…」アトレティコ記者が送る愛の手紙