2018.5.19 16:30

横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち 4戦ぶり白星で中断へ

横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち 4戦ぶり白星で中断へ

横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち 4戦ぶり白星で中断へ

横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち 4戦ぶり白星で中断へ【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第15節が19日に行われ、日産スタジアムでは横浜F・マリノスとV・ファーレン長崎が対戦。試合は5-2で横浜FMが大勝した。

 ここ3試合勝利から見放されている横浜FMは現在15位。今節の結果次第では降格圏に沈む可能性がある。初対戦となる長崎をホームでしっかり叩き、良い形で中断期間に入りたいところだ。その横浜FMは前節から先発を2名変更。中盤にはルーキーの山田康太が3試合ぶりに先発メンバーに名を連ねた。前線はチームトップスコアラーのウーゴ・ヴィエイラをベンチに置き、大津祐樹が3トップの中央を務めた。

 一方の長崎は、連敗を「3」でストップした前節の名古屋グランパス戦からスタメンを変更せず。ベンチには中村慶太とともにチームトップの5得点をマークしている鈴木武蔵が控える。

 試合は13分、アウェイの長崎が先制点を奪取する。左サイドから攻撃を仕掛けると、中村がGKとDFの間に際どいクロスを供給。これをファーにフリーで走り込んでいたファンマが押し込み、長崎が先手を打った。

 出鼻をくじかれた横浜FMだったが失点直後の19分、再三仕掛けていた左サイドからの突破から、遠藤渓太が中へ切り込んだ際に、エリア内で倒されてPKを獲得する。判定の直後からボールを持って離さなかった大津が冷静に流し込み、横浜FMがすぐさま同点とした。

 逆転弾を狙う横浜FMだったが、自陣でボールをロストするなど、攻めあぐねる展開。アンジェ・ポステコグルー監督も、頭を掻きむしり納得のいかないジェスチャーを見せた。その後は互いに追加点を奪うことなく前半を終えた。

 横浜FMは後半から大津に代えてウーゴ・ヴィエイラを投入し、勝負に出る。しかし、先に追加点を奪ったのは長崎だった。47分、翁長聖と澤田崇のパス交換からファンマが受けると、ワンタッチ目でシュート。これはGK飯倉大樹にセーブされたが、こぼれ球に中村が詰めて長崎が勝ち越しゴールを奪取した。

 再びリードを許した横浜FMは60分、右サイドでボールを持った山田が突破を図り、グラウンダーのクロスを供給。DFに当たったものの、ルーズボールに仲川輝人が反応。ゴール左隅に突き刺し、横浜FMが再び同点に追いついた。

 同点弾で勢いに乗った横浜FMはさらに67分、右サイドでから仲川が得意のドリブルで切り込むと、PA手前から左足シュート。これがゴール右に決まり、横浜FMがあっという間に逆転に成功した。

 追いかける展開となった長崎は、ファンマを下げて鈴木を投入し、カウンターからチャンスをうかがう。しかし、横浜FMが圧倒的にボールを保持し、前線へ効果的なボール配給ができない。

 すると75分、横浜FMは山田のFKが壁に当たりPA内にこぼれる。混戦から扇原貴宏が左足で押し込み、4点目を奪取。長崎を突き放す。攻撃の手を緩めない横浜FMは、さらに82分、セットプレーからオーストラリア代表のミロシュ・デゲネクが強烈なヘッドを叩き込み、勝負あり。後半に一挙4ゴールを奪った横浜FMがホームで4試合ぶりの白星を手にした。一方の長崎は、2度のリードを守りきれず、連勝を逃している。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 横浜Mが後半爆発!今季最多5発で長崎に逆転勝ち 4戦ぶり白星で中断へ