2018.5.18 05:00(2/2ページ)

【W杯世界の顔】(16)アイスランド シグルドソン、プレミアで活躍!移籍金64億円

【W杯世界の顔】

(16)アイスランド シグルドソン、プレミアで活躍!移籍金64億円

特集:
W杯世界の顔
最小国・アイスランドを操る司令塔のシグルドソン。バイキングの末裔たちが、台風の目になるか(ロイター)

最小国・アイスランドを操る司令塔のシグルドソン。バイキングの末裔たちが、台風の目になるか(ロイター)【拡大】

 イングランド・プレミアリーグで着実にキャリアを積み、昨夏にスウォンジーから古豪のエバートンに移籍。英メディアによると、移籍金はクラブ史上最高の約64億円で、高い評価を物語る。3月に入って膝を痛め戦線離脱したものの、新天地でも主力としての実力を十分に証明した。

 試合後に、選手がサポーターとともに大きく両手を広げてたたくアイスランドの儀式、「バイキング・クラップ」はサッカーファンにおなじみとなりつつある。小国を引っ張る28歳のMFは「ロシアでの手拍子を楽しみにしている」と歓喜の瞬間をイメージし、気持ちを高ぶらせている。

ギルフィ・シグルドソン(Gylfi Sigurdsson)

 1989年9月8日生まれ、28歳。アイスランド・レイキャビク出身。2008年にイングランド2部のレディングでプロデビュー。同・プレミアリーグのトットナム、スウォンジーなどを経て、17年からエバートンでプレー。A代表デビューは10年5月のアンドラ戦。リーグ戦今季27試合4得点。代表通算55試合18得点。1メートル86、79キロ。

組み合わせへ出場国一覧へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 海外代表
  4. 【W杯世界の顔】(16)アイスランド シグルドソン、プレミアで活躍!移籍金64億円