2018.5.11 12:33(1/2ページ)

下位低迷の横浜MとG大阪が対戦 不振脱却を実現するのは?

下位低迷の横浜MとG大阪が対戦 不振脱却を実現するのは?

下位低迷の横浜MとG大阪が対戦 不振脱却を実現するのは?

下位低迷の横浜MとG大阪が対戦 不振脱却を実現するのは?【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第14節が5月12日から13日にかけて開催。日産スタジアムでは下位に低迷する横浜F・マリノスとガンバ大阪が対戦する。

 ■先が見えない横浜FM。テーマはメンタル面の改善

 13試合を終えてすでに6敗。昨季34試合で9敗の横浜FMが下位で燻り続けている。ホームでは3-0と完璧なゲームを見せた第11節の鹿島アントラーズ戦の1勝のみと、本拠地で成績が伴っていない。第12節の磐田戦では前半に2ゴールを奪われると、後半にはスローインを受けた中町公祐がボールを奪われ失点。反撃も1点にとどまり、1-3で敗れた。

 続く前節の名古屋グランパス戦は、喜田拓也の今季初ゴールで前半に先制するも、名古屋のエース、ジョーに同点弾を献上。1-1のドローに終わり、またしても勝利を手にすることができなかった。

 勝てない現状にもアンジェ・ポステコグルー監督は「私は美しいアタッキングフットボールをしたい」と、指揮官自身が標榜する攻撃的サッカーを変えるつもりはないと断言。

 そのうえで「メンタル面の改善が必要」と口酸っぱく言及し、「良いパフォーマンスを披露した試合もあるので、そうした部分を向上させつつ、メンタル面の改善をしなければならない」と、選手に改善を求めた。

 長い連戦もこのG大阪戦、JリーグYBCルヴァンカップを含めて残り3試合。すべてホームで行われる3連戦で白星を積み重ね、W杯中断をできる限り良い状態で迎えたいところだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 下位低迷の横浜MとG大阪が対戦 不振脱却を実現するのは?