2018.5.10 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvsガンバ大阪 5月12日

【J試合情報】

横浜F・マリノスvsガンバ大阪 5月12日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今対戦カード通算54試合では、横浜FMが28勝10分16敗とG大阪に勝ち越している。横浜FMがJ1で2番目に多くの得点数を記録しているのはG大阪戦(163点、1位は広島164点)。

 ・横浜FMはG大阪戦直近6試合でわずか1敗(2勝3分)。また、今カード直近5試合のうち4試合で2得点を挙げている。

 ・しかし横浜FMは直近8試合でわずか1勝(3分4敗)。8試合で1勝しか挙げられないのは、2015年5月~8月以来のこと(当時は11試合で1勝)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在18試合連続得点中。同地ではクラブ最長の連続得点記録を更新中である。本拠地で無得点に終わったのは、2017年4月30日のG大阪との前回対戦が最後。

 ・G大阪は直近7試合で4勝している(3敗)。それ以前の27試合で挙げた勝利数と同じ(4勝7分16敗)。

 ・しかしG大阪が直近7試合で挙げた4勝は全てホーム戦で記録したもの。アウェイ戦では今季6戦全敗を喫しており、11試合連続未勝利(3分8敗)。また、今季同地での6試合のうち5試合で無得点。

 ・横浜FMは直近7得点のうち、4点をセットプレーから決めている。今季全体ではセットプレーからの得点数はリーグ最多タイである(6、他3チームと並び)。

 ・2013年~2016年に横浜FMに在籍していたファビオは、DF部門の選手の中で今季リーグ2位の空中戦勝利数を記録している(48)。同部門1位は、同じG大阪の三浦弦太(50)。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】横浜F・マリノスvsガンバ大阪 5月12日