2018.5.8 10:00(2/3ページ)

“ベガルタの至宝”20歳の佐々木匠、J2讃岐で武者修行中!

“ベガルタの至宝”20歳の佐々木匠、J2讃岐で武者修行中!

特集:
GO!ベガルタ仙台
6日の山形戦で、東北のファンの前に元気な姿を見せた佐々木(右)。“仙台の至宝”は讃岐で奮闘中だ (撮影・葉山理)

6日の山形戦で、東北のファンの前に元気な姿を見せた佐々木(右)。“仙台の至宝”は讃岐で奮闘中だ (撮影・葉山理)【拡大】

 小柄できゃしゃな体に、まだあどけなさが残る童顔。6日の山形戦で久々に東北に姿を見せた讃岐の背番号17は、巧みなボールタッチで相手DF陣をきりきり舞いさせた。

 「レンタルで来ている身。ここで活躍して、仙台に必要と言ってもらえるように頑張らないといけない」

 武者修行中の佐々木が、たくましさを増している。山形戦では4-2-3-1のトップ下で先発し、攻撃をリードした。0-2で敗れたが、東北のファンに元気な姿を見せた。

 仙台市で生まれ育ち、3歳からベガルタのジュニアスクールでサッカーを始めた、生粋の“ベガっ子”。各年代別の日本代表でプレーした希代のテクニシャンは、昨季ルヴァン杯でチーム最多の3得点。チーム初の4強入りの原動力になった。

 出場機会を求め、今季から讃岐へ育成型期限付き移籍。ここまでリーグ戦全13試合に先発し、記念すべきリーグ戦初ゴールもマークした。4月15日の愛媛戦。前半12分に味方のロングパスに抜け出し、絶妙なコントロールで浮き球をトラップしてシュート。GKが防いだボールを冷静に押し込んだ。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. “ベガルタの至宝”20歳の佐々木匠、J2讃岐で武者修行中!