2018.5.1 12:00(1/4ページ)

【サッカーコラム】ハリル解任から考える技術委員会と強化部のあり方

【サッカーコラム】

ハリル解任から考える技術委員会と強化部のあり方

特集:
No Ball, No Life
ハリル監督解任
ハリルホジッチ氏

ハリルホジッチ氏【拡大】

 【No Ball,No Life】日本サッカー協会(JFA)に技術委員会があれば、各クラブには強化部がある。チームの方向性や編成を考える部門で、どんな名称をつけるかは自由だ。長を務める人物には技術委員長、強化部長、ゼネラルマネジャー、テクニカルディレクターといった肩書がつけられる。

 役割としてはチームの方向性を考えて指揮官を招聘(しょうへい)し、その人物の求めに応じてコーチングスタッフ、選手をそろえていくことになる。無論、クラブにははじめから選手がそろっているが、就任期間が長くなれば長くなるほど監督好みの選手が増えていくことになる。代表になればはじめから指向するサッカーに合わせて選手を招集できる。

 「われわれの役割はチームをサポートすることにある」というのは同部門で働く人がよく口にする言葉。日本代表監督に就任した西野朗も技術委員長だったときに「ハリル・ジャパンが最高の力を発揮できるように全力でサポートしていく」と語っていた。

 チーム作りに関して、強化部門と監督が意見をすり合わせながら、何事も相談しながら仕事を進めていく-。そう考えている人も多いだろうが、実際はより厳しい世界が存在していると個人的には理解している。結果が出なければ責任を取らなければならないのが監督で、もし自分の意志を封印して他者(強化部)の意見を聞いたことで結果が得られなければ大きな後悔をすることになる。

【続きを読む】

  • ハリルホジッチ氏
  • サッカー日本代表・西野朗監督
  • サッカー日本代表・西野朗監督
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【サッカーコラム】ハリル解任から考える技術委員会と強化部のあり方