2018.4.27 13:37(2/2ページ)

堅守を取り戻したい横浜M、鹿島は得点力不足克服を…伝統の“オリジナル10”対決

堅守を取り戻したい横浜M、鹿島は得点力不足克服を…伝統の“オリジナル10”対決

堅守を取り戻したい横浜M、鹿島は得点力不足克服を…伝統の“オリジナル10”対決

堅守を取り戻したい横浜M、鹿島は得点力不足克服を…伝統の“オリジナル10”対決【拡大】

 ■鹿島:得点力不足の克服を

 横浜M同様、鹿島も直近5試合でわずか1勝と苦しんでいる。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)こそ、Jリーグ勢唯一のグループステージ突破を決めたものの、リーグでは不安定な戦いが続き、3勝3分4敗の14位に低迷。10試合を終えてリーグワーストの8ゴールにとどまる得点力不足は深刻だ。その8得点はエースの金崎夢生の「5」、金崎とともに2トップを形成する鈴木優磨の「2」、そして中盤の永木亮太の「1」と、スコアラーも限定的なものとなっており、攻撃のバリエーションが希薄であることは否めない。

 戦列を離脱していた西大伍や遠藤康といった主力組が復帰を果たしたのは好材料で、戦力が揃えば巻き返しは十分可能だ。今季鹿島に復帰した内田篤人は「いまのところ4冠を取るチームの戦い方じゃない」と言及。その理由として「(選手間が)かみ合ってない」ことを挙げた。

 「それをこのバンバン試合がくるなかで立て直すことは、難しい」としながらも、「4冠を取ると聞いてここへ入った。だいぶ差が付いているけど、諦めちゃダメ」と、苦しい状況にも前を向く姿勢を貫いている。

 横浜M戦では28勝8分20敗と勝ち越しており、直近で対戦した2017年10月21日のJ1第30節を2-3で落とす前は、9試合無敗であった。常勝軍団巻き返しへ、オリジナル10同士の激闘を制してここから再浮上の足がかりをつかみたいところだ。(Goal.com)

試合日程へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 堅守を取り戻したい横浜M、鹿島は得点力不足克服を…伝統の“オリジナル10”対決