2018.4.19 11:30

【J試合情報】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 4月21日

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 4月21日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・横浜FMは湘南戦通算24試合で17勝している(1分6敗)。同チームが20回以上対戦しているクラブの中では、最も高い勝率を残している相手である(71%)。

 ・横浜FMはホーム戦で現在4試合連続勝ちがない(1分3敗)。今節も勝てなければ、2015年5月~7月以来のホーム5試合連続未勝利となる。

 ・湘南は今季8節終了時点で6得点9失点を記録している。J1での同期間での得点数としてはクラブワーストだが、失点数はクラブ最少の数字となっている。

 ・横浜FMは現在9試合連続で複数得点を記録できていない。今節2得点以上決めることができなければ、クラブ史上ワースト2位の10試合連続1得点以下となってしまう(ワーストは2013年8月~12月の11試合連続)。

 ・しかし、横浜FMは湘南戦で1試合平均2.25得点を記録している。同チームが3回以上対戦しているクラブの中では、最も1試合平均得点の高い相手である。

 ・横浜FMは被シュート数に繋がるミスが今季リーグで最も多い(14回、次位は湘南で6回)。しかし、湘南は相手のミスからのシュートチャンスが一度もない今季リーグ唯一のチームである。

 ・湘南は今季リーグ最多のシュートブロック数を記録している(32)。しかし、総シュート数に対する、ブロックされたシュート数の比率もリーグで最も高い(29.2%)。

 ・対する横浜FMはブロックされたシュート数が今季リーグで最も多い(30)。

 ・今季、ミロシュ・デゲネクから山中亮輔へのパス数は138本で、個人から個人へのパス数としてはリーグ最多。それに次ぎ多いのが、飯倉大樹からデゲネクで116本となっている。

※ファクト内の数字はJ1での成績

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレ 4月21日