2018.3.31 18:45

横浜Mのビエイラが3戦連発「ストライカーらしい仕事ができた」

横浜Mのビエイラが3戦連発「ストライカーらしい仕事ができた」

前半、先制ゴールを決め喜ぶ横浜M・ビエイラ(右から3人目)らイレブン=アイスタ

前半、先制ゴールを決め喜ぶ横浜M・ビエイラ(右から3人目)らイレブン=アイスタ【拡大】

 明治安田J1第5節第2日(31日、清水0-1横浜M、アイス)横浜Mは押される時間帯があり、ピンチも多かったが逃げ切って2連勝した。ワンチャンスを決められるかが勝負を分ける展開だっただけに、ビエイラの3試合連続ゴールは貴重だった。

 前半11分、山中の折り返しを合わせた場面は、決して簡単なボールではなかった。「あれは練習でもよくやっている形。チャンスのにおいを感じとってストライカーらしい仕事ができた」と誇る。カウンターの起点としても大活躍し、勝ち点3に貢献した。

 清水・ヨンソン監督「全体のパフォーマンスとしては良かったし、決定機は多くつくれていた」

 清水・竹内「自分たちの狙いやスタイルというのは貫けた。下を向く必要はない」

 横浜M・ポステコグルー監督「非常に難しい試合だったが、必要な時は選手たちがしっかりと守って、良いゴールで勝てたと思う」

試合結果へ

  • 後半、競り合う横浜M・中沢(左)と清水・クリスラン=アイスタ
  • 後半、ゴールを狙う横浜M・山中(左)=アイスタ
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 横浜Mのビエイラが3戦連発「ストライカーらしい仕事ができた」