2018.3.28 04:04(3/4ページ)

本田、崖っぷち…6カ月ぶり先発もシュート0、“最終テスト”見せ場なし

本田、崖っぷち…6カ月ぶり先発もシュート0、“最終テスト”見せ場なし

特集:
本田圭佑
前半、同点ゴールを決めた槙野(右)を祝福する本田。左は杉本=リエージュ(共同)

前半、同点ゴールを決めた槙野(右)を祝福する本田。左は杉本=リエージュ(共同)【拡大】

 所属クラブでの試合出場を求める指揮官のお眼鏡にかなおうと、移籍したパチューカで結果を出し続けた。6カ月ぶりに代表復帰し、その言動はやはり、注目された。1-1で引き分けた23日のマリ戦後に指揮官の采配をめぐってチームは混沌(こんとん)。だが、本田は「余計なことにとらわれすぎて、レベルが低い話が多すぎる」と切り捨てた。チームも、そして個人としても逆境を本大会への糧としたかったが、仮想ポーランドのウクライナは組織的な戦術も個人の能力も日本を上回っていた。

 本大会の代表発表前、最後の海外遠征。2戦とも目立ったアピールはできなかった。発表前に残された実戦は5月30日のガーナ戦(日産ス)のみで、招集も出場の機会も保証はされていない。果たして、W杯ロシア大会を「集大成」と位置づける本田は生き残れるのか。かつてのエースが崖っぷちに立たされた。(浅井武、大石豊佳)

【続きを読む】

  • 相手と競り合いバランスを崩す本田(左)。途中交代に悔しさを露わにした(共同)
  • 試合後に手で顔を覆うハリルホジッチ監督。格上の相手にめっぽう弱い“悪癖”をまたも露呈した(共同)
  • 後半、競り合う本田(右)=リエージュ(共同)
  • 後半、ヘディングで競り合う植田=リエージュ(共同)
  • ウクライナに敗れ、厳しい表情でスタンド前に整列する日本イレブン=リエージュ(共同)
  • 後半、指示を出すハリルホジッチ監督=ベルギー・リエージュ(撮影・中井誠)
  • 後半、FKを放つ中島=リエージュ(共同)
  • ウクライナに敗れ、さえない表情の長友(左端)ら日本イレブン=リエージュ(共同)
  • 試合に負け厳しい表情を見せる日本代表=ベルギー・リエージュ(撮影・中井誠)
  • サッカー・日本代表出場選手採点
  • 日本のウクライナ戦スタメン
  • 本田圭佑・ロシアW杯アジア最終予選以降の日本代表成績
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 本田、崖っぷち…6カ月ぶり先発もシュート0、“最終テスト”見せ場なし