2018.3.8 11:30

【J試合情報】湘南ベルマーレVs名古屋グランパス 3月11日

【J試合情報】

湘南ベルマーレVs名古屋グランパス 3月11日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・今対戦カードは通算24試合行われているが、1度しか引き分けていない(名古屋14勝、湘南9勝)。

 ・名古屋にとって、現在J1に所属しているクラブの中で、最も1試合平均得点が多い相手は湘南(1.92点)。

 ・湘南は名古屋戦で現在19試合連続失点している(1試合平均2失点)。それ以前の5回の対戦では、2失点しか喫していなかった。

 ・湘南は1998年シーズン以来となる、開幕から2試合連続無敗。

 ・名古屋は開幕から2試合で、リーグ最多の枠内シュート数を記録している(13本)。対する湘南は、被枠内シュートがリーグで2番目に多い(11本)。

 ・名古屋の今季全4得点は、ブラジル人選手が決めている。また、アシストを記録した日本人選手も八反田康平だけである。無得点の磐田を除き、日本人選手が得点を決めていないのは名古屋だけである。

 ・湘南はシュートを放った選手の数が今季リーグで最も多い(14人)。対する名古屋は、同項目でリーグ2番目に少ない(8人、仙台と並び)。

 ・小林裕紀は今季リーグ最多のパス数を記録している(173本、成功数は146本で成功率は84%)。

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】湘南ベルマーレVs名古屋グランパス 3月11日