2018.3.7 21:07

川崎、終了間際のPK弾で今大会初勝利逃す/ACL

川崎、終了間際のPK弾で今大会初勝利逃す/ACL

前半、ゴールを狙う川崎・小林=等々力陸上競技場(撮影・中井誠)

前半、ゴールを狙う川崎・小林=等々力陸上競技場(撮影・中井誠)【拡大】

 アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグF組(7日、川崎2-2メルボルン・ビクトリー、等々力)ここまで2戦2敗で最下位に沈む川崎は、勝ち点1で3位のメルボルン・ビクトリーをホームに迎えたが、2-2で引き分け。後半アディショナルタイムまでリードしたものの、PKを決められた。川崎は勝ち点1にとどまり、順位は最下位のまま。残り3試合でグループステージ突破へ厳しい状況となった。

 先制したのは川崎だった。前半28分、MF大島、家長とパスを繋いでペナルティエリア前へ進入。並走していたMF阿部へのパスはDFに引っかかるもこぼれ球にDFエウシーニョが豪快なシュートをゴール左へ突き刺した。このまま勢いに乗りたかったが、同36分にメルボルンのCKからオウンゴールで同点に追いつかれた。

 同点で迎えた後半、川崎は左サイドに生まれるスペースを狙い攻勢をかける。すると後半10分試合が動く。右サイドで大島からのパスを受けた小林悠がDFラインを突破。中央へグランダーのクロスを送ると左サイドでフリーだった登里が冷静に蹴り込み1点を勝ち越した。

 優位に立った川崎はメルボルンの高さを生かした攻撃に危ない場面を迎えるもゴールを許さず。このまま守り切って勝利かと思われた同46分、DF奈良がメルボルンのFWテオハルスをペナルティエリア内で倒してPKに。これをキッカーのFWジョージに決められ同点に追いつかれた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、競り合う川崎・小林(左)=等々力
  • 後半、勝ち越しゴールを決め、アシストの小林(11)に駆け寄る川崎・登里=等々力
  • 前半、クロスに合わせる川崎・阿部(右)=等々力
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 川崎、終了間際のPK弾で今大会初勝利逃す/ACL