2018.3.7 08:20

主将・酒井高徳は2部降格でもHSV残留か 地元紙「年俸5億円も高額ではない」

主将・酒井高徳は2部降格でもHSV残留か 地元紙「年俸5億円も高額ではない」

特集:
酒井高徳
主将・酒井高徳は2部降格でもHSV残留か 地元紙「年俸5億円も高額ではない」

主将・酒井高徳は2部降格でもHSV残留か 地元紙「年俸5億円も高額ではない」【拡大】

 ハンブルガーSVのDF酒井高徳は、クラブが降格したとしても残留するのかもしれない。地元紙『Hamburger Morgenpost』などが伝えている。

 HSVで主将を務める酒井だが、現行契約は今季終了まで。クラブ側は契約延長を希望しているが、選手は「競技面での結果」をみて判断したいとし、契約は未だ更新されていない。

 しかし、HSVは契約延長を楽観視しているようだ。『FUSSBALL.NEWS』によると、クラブSDは「合意に達することには楽観的に見ている」とかたったという。

 『Hamburger Morgenpost』は、「主将サカイはシーズン終了後に判断したいようだが、クラブが降格した場合、どこにいるべきか想像できたはずだ。年間400万ユーロ(約5億3000万円)の給与を支払うことになるが、それほど高額ではない」として、たとえ1部残留が果たせなくてもクラブにとどまるだろうとしている。

 ブンデスリーガを25節消化した時点で、降格圏の17位に沈むHSV。勝ち点18で、入れ替え戦圏内の16位マインツとは7ポイント差と厳しい状況になっており、クラブ史上初の降格が迫っている。

 酒井はシーズン終了後、どのような決断を下すのだろうか。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 主将・酒井高徳は2部降格でもHSV残留か 地元紙「年俸5億円も高額ではない」