2018.3.5 12:17

チェルシー・コンテ監督、枠内シュート0本もストライカー不在の影響を否定

チェルシー・コンテ監督、枠内シュート0本もストライカー不在の影響を否定

コンテ監督、枠内シュート0本もストライカー不在の影響を否定

コンテ監督、枠内シュート0本もストライカー不在の影響を否定【拡大】

 チェルシーのアントニオ・コンテ監督は、敗れたマンチェスターC戦での戦い方に問題はないと考えているようだ。

 4日に行われたプレミアリーグ第29節でチェルシーは敵地でマンチェスターCと対戦。後半開始早々にベルナルド・シウバにゴールを許したチェルシーはそのまま0-1で試合を落とし、4位トットナムの勝ち点差は「5」に広がっている。

 コンテ監督はこの試合、アルバロ・モラタとオリヴィエ・ジルーをベンチに置き、前線にエデン・アザール、ウィリアン、ペドロとセンターフォワードを欠いたフォーメーションで挑む。しかし、前半はチャンスらしいチャンスも作れず、シュートは0本。90分を通しても枠内にシュートを打つことができなかったが、コンテ監督はこの戦術が敗因ではないと『スカイスポーツ』で語っている。

 「私の作戦はマンチェスターCにスペースを与えないためのものだった。彼らにスペースを与えてしまえば、0-1では済まなかった。素晴らしいメンタリティを持った彼らは、ボールがない状態でも献身的に走り、プレスをかけてくる。彼らは精神面でもプレー面でも非常に強靭なチームだ」

 「もちろん枠内にシュートを打てなかったことは問題だが、これは戦術が原因ではないと思う。試合では時々このようなことが起きるし、我々はベストを尽くした。マンチェスターCを相手に戦うことは単純ではなく、常に激しくプレーしなくてはならない。後半が始まってたった30秒で失点したことで、試合はさらに難しくなった」

 また、体調不良で欠場したヌゴロ・カンテについて問われた同指揮官は「ヌゴロ・カンテはバランスを保つために重要な選手だ。彼がいなかったことを忘れてはいけない」とキープレーヤーの不在が試合結果に影響したと話した。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. チェルシー・コンテ監督、枠内シュート0本もストライカー不在の影響を否定