2018.3.5 12:12

HSV主将酒井高、試合後インタビューを途中で打ち切り 「降格」に反応

HSV主将酒井高、試合後インタビューを途中で打ち切り 「降格」に反応

特集:
酒井高徳
HSV主将酒井高、試合後インタビューを途中で打ち切り 「降格」に反応

HSV主将酒井高、試合後インタビューを途中で打ち切り 「降格」に反応【拡大】

 ハンブルガーSV(HSV)のDF酒井高徳が、試合後のインタビューを打ち切る珍しい瞬間があったようだ。地元紙『MOPO』が報じている。

 HSVは3日、ブンデスリーガ第25節で残留を争う直接のライバル、マインツと対戦。相手に退場者が出てPKのチャンスもあったが、最後までネットを揺らすことはできず、スコアレスで終了している。リーグ戦残り9試合で、残留圏の15位ウォルフスブルクと勝ち点差は「7」と厳しい状況にある。

 この試合でアームバンドを巻いた酒井は「いいパフォーマンスでしたし、チームとしてもいいムードがあります。ただ結果には失望しています。難しい状況であることはわかっています」と話しつつ、「チームは全力を尽くすだけです」と希望を捨てていないことを強調した。

 しかし、事件はその後に起きた。記者が「降格」というワードを出すと、「そんなこと聞かないでください」と、礼儀正しい酒井にしては珍しくインタビューを途中で打ち切っている。

 昨季も厳しい残留争いに巻き込まれ、後に苦しい胸の内を語っていた酒井。現在も計り知れないプレッシャーがかかっていることは想像に難くない。(Goal.com)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. HSV主将酒井高、試合後インタビューを途中で打ち切り 「降格」に反応