2018.3.4 01:31(1/2ページ)

アトレティコ・シメオネ監督、バルサ戦の勝敗分ける要因で見解「ディテールが試合決する」

アトレティコ・シメオネ監督、バルサ戦の勝敗分ける要因で見解「ディテールが試合決する」

アトレティコ・シメオネ監督、バルサ戦の勝敗分ける要因で見解「ディテールが試合決する」

アトレティコ・シメオネ監督、バルサ戦の勝敗分ける要因で見解「ディテールが試合決する」【拡大】

 4日のリーガエスパニョーラ第27節、2位Aマドリードは敵地カンプ・ノウで首位バルセロナと対戦する。前日会見に出席したディエゴ・シメオネ監督は、この一戦の勝敗が「ディテール」によって決まるとの見解を示している。

 「明日の試合は重要だ。相手の記録している数字が、それを物語っている。バルベルデはネイマール退団という問題を解決したほか、長年にわたって機能し続けてきたシステムに変化をもたらした。バルセロナが4-4-2でもプレーできることを、フットボール界全体に示したんだよ」

 「彼らはリーガで無敗を維持し、選手たちはチームと監督の必要性に応じた決意を示す。私たちはファンタスティックなシーズンを過ごすチームとの一戦に臨むことになり、これまでのすべての対戦と同じように、ディテールが試合を解決することになる」

 FWジエゴ・コスタの加入によってチームにもたらされた変化について問われると、こう返した。

 「トランジションでコスタまでボールを届けるためには、コケ、グリエズマン、コレアを通さなくてはならない。私たちは彼らの特徴を生かすことで、より縦に速くなる。レガネス戦のようにトマスがカットし、コレアが中央に寄り、コケがパスのビジョンを有する……そうすることでコスタ、またガメイロやトーレスの個性を生かすことができるわけだ」

 一方でリーガ優勝の可能性を問われると、統計的には「基本的に」不可能なことだと論じている。

 「リーガ優勝は、統計で話せば基本的に不可能だ。ここ14年間はマドリーとバルサしか優勝しておらず、あとはビリャレアルが2位になったくらいだ。もちろん、私たちは一度優勝を果たし、それを不可能ではなくした。しかし……やはり困難なことなんだよ。残り5節まで可能性を残したい。そこまで可能性を残せば、(優勝も)あり得るだろう」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. アトレティコ・シメオネ監督、バルサ戦の勝敗分ける要因で見解「ディテールが試合決する」