2018.3.4 12:06(1/2ページ)

代理人が語るブッフォンの去就「現役なら主役で」引退後は2つの選択肢?

代理人が語るブッフォンの去就「現役なら主役で」引退後は2つの選択肢?

代理人が語るブッフォンの去就「現役なら主役で」引退後は2つの選択肢?

代理人が語るブッフォンの去就「現役なら主役で」引退後は2つの選択肢?【拡大】

 ユベントスに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの代理人を務めるシルヴァーノ・マルティーナ氏が、フランスメディア『RMCスポーツ』のインタビューに応じ、今後について語った。

 ■ブッフォンはあと2年プレーできる

 40歳のブッフォンは当初、今シーズン限りで現役を退くことを示唆。6月に開催されるロシア・ワールドカップを自身の集大成とするはずだった。しかしイタリアは60年ぶりにワールドカップ出場を逃がしたほか、ブッフォン自身は昨年12月にケガを負い、今シーズン中のセリエA最多出場記録の更新が不可能になったことで、引退に迷いを感じている。代理人のマルティーナ氏が今後のブッフォンの去就について言及した。

 「ブッフォンの将来? まだ早い。時間が経てば本人が心中を明かしてくれるだろう。決めるのは彼自身でなくてはならない。もし続けるとすれば、端役ではなく、主役になりたいからだ。私も彼にはそれが似合うと思う。あと2年はプレーできるはずだが、続けていく上で彼の心の中に情熱がなければならない」

 またマルティーナ氏は、ブッフォンの心残りの1つとして、バロンドール賞を挙げた。

 「もちろん、バロンドール受賞には特別な魅力があるし、彼はまだ受賞していない。(パオロ)マルディーニや他のイタリア人選手と同様、彼は賞に値するプレーヤーだったと思う。いつかまたGKが受賞できる日が来るのではないだろうか」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 代理人が語るブッフォンの去就「現役なら主役で」引退後は2つの選択肢?