2018.3.4 07:33

ドローを悔やむHSV主将・酒井高 残り9節で残留権と7ポイント差、初の降格迫る

ドローを悔やむHSV主将・酒井高 残り9節で残留権と7ポイント差、初の降格迫る

特集:
酒井高徳
ドローを悔やむHSV主将・酒井高 残り9節で残留権と7ポイント差、初の降格迫る

ドローを悔やむHSV主将・酒井高 残り9節で残留権と7ポイント差、初の降格迫る【拡大】

 ハンブルガーSVは、3日に行われたブンデスリーガ第25節でマインツと0-0で引き分けた。試合後、酒井高徳はドローを悔やんでいる。

 残留争いのライバル同士の直接対決。HSVの酒井、マインツの武藤嘉紀がそれぞれ先発した試合は、ホームのHSVが主導権を握り何度もゴールに迫る。

 前半にはネットを揺らすシーンもあったが、これはビデオ判定の結果無効に。さらに60分にはPKを獲得したが、このチャンスも逃してしまう。結局、シュートを20本放ったHSVだが、1人少ないマインツを最後まで攻略できずにスコアレスドローで試合を終えた。

 主将の酒井は、試合後「開始から良いプレーをしていました。ゴールを奪えず、PKも失敗したのは残念でした」と敗戦を悔やんでいる。

 この結果、HSVは25節を終えた段階で降格圏の17位。入れ替え戦圏内の16位マインツとの7ポイント差を縮めることができなかった。

 ベルント・ホラーバッハ監督は、「決して諦めない。あと9つの決勝がある」と最後まで戦うことを誓っている。

 これでリーグ戦12試合未勝利と、昨年12月頭から勝利に見放されているHSV。未だ1部から降格を経験したことがないクラブだが、厳しい戦いが続いている。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. ドローを悔やむHSV主将・酒井高 残り9節で残留権と7ポイント差、初の降格迫る