2018.3.3 19:10(1/2ページ)

引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」

引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」

引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」

引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」【拡大】

 明治安田生命J1リーグ第2節が3日に行われ、FC東京とベガルタ仙台が味の素スタジアムで対戦。試合は1-0で仙台が勝利。開幕2連勝を達成した。この試合後、昨季限りで現役を引退した元日本代表FW・平山相太氏の引退セレモニーが行われた。

 平山氏は筑波大学を卒業後、オランダのヘラクレスで活躍し、2006年に帰国。FC東京で10年にも渡りプレーした後、2016年からは仙台でプレーしていた。かつてはアテネ・オリンピックで日の丸を背負ったが、近年はケガに苦しみ、昨季はリーグ戦の出場がゼロで終わっている。平山氏もケガが引退を決断する大きな要因となったことを認めている。

 その平山氏はスーツ姿でピッチに登場。「こんにちは、お久しぶりです。二度と味の素スタジアムに、このピッチに立つことはないと思っていましたが、今回このような、本当に盛大な引退セレモニーを開いていただきまして、ありがとうございます」と述べた後、まずは仙台サポーターに向けたメッセージを語った。

 「まず初めにベガルタ仙台のファン・サポーターの皆さんに話したいです。ベガルタ仙台からオファーをいただいた時に、まず思ったのは、ユアスタでのファン・サポーターの応援と声援が選手の絶大な後押しとなっていて、それを自分が受けられるのだなと楽しみにしていました。結果的にユニフォームを着て声援と応援を受けることはできなくて、たぶん自分のサッカー選手の中で、唯一の心残りになると思っています」

 「ですが、ベガルタ仙台で引退を決めて、そこで出会ったご縁があって、自分の第二の人生を進むことができました。だからベガルタ仙台に移籍して後悔はないし、とても良かったと思っています。そのご縁を大事に、これからの第二の人生を歩んでいきたいと思っています。また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声を掛けてください」

 平山氏がこのように語ると、仙台サポーターから“相太コール”が鳴り響いた。続いてFC東京サポーターに語り掛ける。

【続きを読む】

  • 試合後の平山相太の引退セレモニーを見届けた仙台サポーター=味の素スタジアム(撮影・田村亮介)
  • FC東京に競り勝ち、サポーターにあいさつする石原(左端)ら仙台イレブン=味スタ
  • 後半、競り合う仙台・阿部(手前)とFC東京・張賢秀=味スタ
  • 後半、競り合うFC東京・室屋(左)と仙台・石原=味スタ
  • ゲーム終盤選手交代でピッチを離れ、渡辺監督と握手を交わす仙台・石原=味の素スタジアム(撮影・田村亮介)
  • 試合後、ファンからの声援に応える仙台・石原=味の素スタジアム(撮影・田村亮介)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 引退の平山相太氏「また仙台で大学生になるのですが、見付けた時は声掛けて」