2018.3.2 16:10(1/2ページ)

対照的なミランとインテル…「今季を占う」ミラノダービー現地記者はどう見る?

対照的なミランとインテル…「今季を占う」ミラノダービー現地記者はどう見る?

対照的なミランとインテル…「今季を占う」ミラノダービー現地記者はどう見る?

対照的なミランとインテル…「今季を占う」ミラノダービー現地記者はどう見る?【拡大】

 ACミランとインテルミラノによる両者のプライドをかけた戦いは、100年以上の伝統がある。ミラノの街をニ分する戦いでは、これまで数々のドラマが生まれてきた。

 今回は、『Goal』イタリア版のシモーネ・ガンビーノ記者に展望を語ってもらった。

 ■国内は「ミラノ・ダービー」一色

 常にイタリアの覇権を争ってきたACミランとインテルミラノ。これまで、互いにセリエAを18回ずつ制している。押しも押されぬイタリアを代表する名門クラブだ。

 しかし、ここ数年間に限ればミラノの両雄はともに苦しい時期を過ごしている。今季も現時点でACミランが7位(勝ち点44)、インテルミラノは4位(同51)。以前のように優勝を争うダービーではなくなってきている。

 もっとも、だからといって注目度が低いわけではない。ガンビーノ記者は「今季のチャンピオンズリーグ出場権争いに重要な意味を持つ」と語る。

 実際、今なおこのライバル対決は特別だと見なされている。開催地のサン・シーロは約8万人を収容するが、チケットは完売になる見込み。イタリア国内のメディアを見てもミラノ・ダービー一色だという。

 なお、現地では2018年に入ってから公式戦無傷の6連勝中と勢いに乗るACミランが優勢であるという見方が強いようだ。イタリアのブックメーカーのオッズを見ても、倍率が低い(=勝つ可能性が高いと考えられている)のはACミランである。

 「ジェンナーロ・ガットゥーゾが指揮するACミランは、2018年に入ってから明らかに好調を維持している。反対に、インテルミラノは前節ベネヴェントに勝利したものの、直近公式戦11試合でわずか2勝。難しい時期を過ごしている」(同氏)

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. 対照的なミランとインテル…「今季を占う」ミラノダービー現地記者はどう見る?