2018.3.1 08:25

なでしこ大敗発進…オランダに6失点 アルガルベ杯

なでしこ大敗発進…オランダに6失点 アルガルベ杯

オランダ戦の後半、競り合う岩渕(右)=パルシャル(ゲッティ=共同)

オランダ戦の後半、競り合う岩渕(右)=パルシャル(ゲッティ=共同)【拡大】

 サッカー女子の国際親善大会、アルガルベ・カップは2月28日に開幕し、1次リーグC組の日本代表「なでしこジャパン」はポルトガルのパルシャルでオランダに2-6と大敗した。

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング9位の日本は、同7位で昨年の欧州選手権を制したオランダの強力な攻撃陣を抑えきれず、前半に5失点。0-4から中島、試合終盤に岩渕(ともにINAC神戸)が1点ずつを返すにとどまった。2019年ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねた女子アジア・カップを4月に控え、不安の残る敗戦となった。

 日本は3月2日にアイスランド、同5日にデンマークと対戦する。(共同)

高倉麻子・女子日本代表監督の話「相手のシンプルな縦への強さに対応しきれずに、失点を重ねてしまった。6失点はあまりにも多い。非常に悔しい負けではあるが、チームの糧にしなければいけない」

鮫島彩の話「本当に情けない結果。失点の数字ほど太刀打ちできなかった試合かといえば、そうではなかった。(相手のゴールが)簡単に決まっている感じがした」

市瀬菜々の話「自分のクリアミスや、裏を取られたことで失点してしまい、相手を勢いに乗せてしまったのが一番の反省点。切り替えて次の試合に臨みたい」

長谷川唯の話「(相手は)そんなにスピードはなかった。慌てなければもう少し前半から(ボールを)回したり、攻撃のところでいい形をつくれたと思う」

試合結果へ日程へ

  • オランダに得点を許し、さえない表情の(右から)櫨、隅田=パルシャル(ゲッティ=共同)
  • オランダ戦で競り合う中島(奥)=パルシャル(ゲッティ=共同)
  • 攻め込むオランダ選手(左端)をマークする(右から)清水、中島ら=パルシャル(ゲッティ=共同)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. なでしこ大敗発進…オランダに6失点 アルガルベ杯