2018.2.27 10:18(1/2ページ)

大迫、地元紙で“ケルン愛”を強調 ライバル都市に引っ越した理由を告白

大迫、地元紙で“ケルン愛”を強調 ライバル都市に引っ越した理由を告白

特集:
大迫勇也
大迫、地元紙で“ケルン愛”を強調 ライバル都市に引っ越した理由を告白

大迫、地元紙で“ケルン愛”を強調 ライバル都市に引っ越した理由を告白【拡大】

 日本代表FW大迫勇也は、2部降格の危機が迫るケルンに来季も残る可能性があるようだ。地元紙の『エクスプレス』に対し、ケルンへの愛着を強調した。

 2014年1月に1860ミュンヘンに加わり、その半年後にはケルンへの移籍を果たした大迫はドイツの地での生活は5年目に入ったところ。『エクスプレス』によると今回のインタビューではドイツ語の質問は通訳を介しなくても理解できている様子で、受け答えも「ドイツ語をたくさん使い、上手かった」という。

 そんな大迫だが、昨年5月に家族とともにケルンと古くからライバル関係にある同じラインランド地方のデュッセルドルフの街に引っ越していたことが明かされている。ケルンのサポーターにとって、応援するクラブの選手がライバル都市に住居を置くのはなかなか受け入れ難いことだが、本人はこのように話している。

 「ケルンとデュッセルドルフの間のライバル関係については知っています。日本でも東京と大阪との関係に似ているかもしれません。実際、僕はケルンに住みたいのですが、家族のことを考えると、娘が日本人幼稚園に通える事情があるので。デュッセルドルフには日本人がたくさん住んでいますし。ただ、娘が大きくなったらケルンに戻るかもしれません」

 さらに記者が「デュッセルドルフの何が気に入っていますか?」と問われた大迫はこう返した。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 大迫、地元紙で“ケルン愛”を強調 ライバル都市に引っ越した理由を告白