2018.2.24 12:12(1/2ページ)

昨季最少失点の磐田か、最多得点の川崎か 激戦必至のサックスブルー対決の行方は? J1開幕戦プレビュー

昨季最少失点の磐田か、最多得点の川崎か 激戦必至のサックスブルー対決の行方は? J1開幕戦プレビュー

昨季最少失点の磐田か、最多得点の川崎か 激戦必至のサックスブルー対決の行方は? J1開幕戦プレビュー

昨季最少失点の磐田か、最多得点の川崎か 激戦必至のサックスブルー対決の行方は? J1開幕戦プレビュー【拡大】

 2018シーズンの明治安田生命J1リーグが23日のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸で開幕。24日から25日にかけて第1節の全試合が行われる。

 エコパスタジアムでは昨季6位と躍進したジュビロ磐田と王者・川崎フロンターレが激突。開幕スタートダッシュを懸けた好ゲームが期待される。

 ■トップ5入りを目指す名波体制5年目の磐田

 磐田は昨季、中村俊輔や川又堅碁といった新戦力が上手く融合し、16勝を挙げて6位でフィニッシュ。2016シーズンは13位だったことを考えると、大躍進を果たしたといっても過言ではない。名波浩監督体制5年目となる今季も、名古屋グランパスから田口泰士を獲得したほか、ブラジルからギレルメが加入。不動のボランチだった川辺駿がサンフレッチェ広島に復帰したものの、戦力の上積みを実現した形だ。

 名波監督の下、昨季まで積み上げてきたハードワークするスタイル、常にアクションするサッカーは継続しつつ、よりスピード感溢れる戦いを見せたい。さらに、昨季はGKカミンスキー、DF大井健太郎を中心とした守備陣の奮闘もあり、J1で最も少ない30失点に抑えた。今季も堅守にこだわる姿勢は崩すつもりはない。

 田口らと共に期待の新戦力として、筑波大学から加入したルーキーFW中野誠也は右肩を負傷して開幕戦の出場は絶望的。しかし、U-20ワールドカップで負傷し、長期離脱を強いられていた小川航基が戦列に復帰し、プレシーズンで結果を残しており、エースの川又に次ぐチョイスとして計算ができる模様。

 名波監督が「トップ5を目標にチャレンジャー精神を持って戦いたい」と抱負を語った通り、磐田は今シーズン、2006年以来のトップ5入りを視野に、よりアグレッシブな戦いを展開していくつもりだ。昨シーズン、川崎Fとの対戦成績は1勝1敗の五分。2017年7月29日に行われたJ1・第19節ではアウェイながら5ゴールを奪取し、破竹の6連勝を飾っている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 昨季最少失点の磐田か、最多得点の川崎か 激戦必至のサックスブルー対決の行方は? J1開幕戦プレビュー