2018.2.15 08:27(1/2ページ)

C・ロナ2発!RマドリードがPSGに逆転勝ち/欧州CL

C・ロナ2発!RマドリードがPSGに逆転勝ち/欧州CL

C・ロナ2発!RマドリードがPSGに逆転勝ち/欧州CL

C・ロナ2発!RマドリードがPSGに逆転勝ち/欧州CL【拡大】

 14日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグ、サンティアゴ・ベルナベウでのRマドリード対パリサンジェルマン(PSG)は3-1でRマドリードの勝利に終わった。

 黄金期を終わらぬために大一番に臨むRマドリードと、彼らに取って変わる大型補強で黄金期を迎えようとするPSGの対戦。決勝トーナメント1回戦、最大の注目カードである。

 移籍金総額2億2700万ユーロのベイル(今季9得点)、ベンゼマ(6得点)、クリスティアーノ・ロナウド(23得点)のBBCと、4億6600万ユーロのネイマール(27得点)、ムバッペ(15得点)、カバーニ(28得点)のトリデンテの対決に注目が集まったが、ジダン監督はベイルをベンチに置いて、その代わりにイスコを起用。エメリ監督はモッタ不在のアンカーをロ・セレソに務めさせたが、フランス人指揮官は現実的にPSGの穴となり得るゾーンをイスコで突く意図を示した。

 前半の立ち上がりは、4-3-1-2システムを使用するRマドリードがボールを保持。モドリッチ、クロース、そして前線から下がってくるイスコでビルドアップを図り、そしてバイタルエリで再びボールを受けるイスコのパスからフィニッシュを狙っていく。一方のPSGはカウンターを中心に攻撃を仕掛け、3トップのクオリティーを生かそうと試みた。

 Rマドリードは26分、ペナルティーエリア手前でイスコが倒されてFKを獲得。だがC・ロナウドが右足で叩いたボールは、わずかに枠の上へと外れる。また28分には左サイドのマルセロがPSGの最終ラインの後方にカーブをかけたパスを出し、走り込んだC・ロナウドがペナルティーエリアでGKアレオラと1対1に。だがシュートはPSG守護神に止められた。

 ここまで惜しいチャンスを生み出してきたのはRマドリードだったが33分、PSGが盛り上がるべルナベウに冷や水を浴びせた。ムバッペがマルセロをかわして右サイドを突破。折り返されたグラウンダーのクロスにネイマールは合わせられなかったが、ファーにフリーで詰めたラビオがボールを押し込んだ。

 ビハインドを負ったRマドリードはC・ロナウド、ベンゼマが決定機を迎えていくものの、決め切ることができず焦りを募らせる。だが44分、左サイドからペナルティーエリア内に侵入したクロースがロ・セルソに倒されてPKを獲得。キッカーのC・ロナウドが枠の左にシュートを突き刺し、スコアをタイに戻した。C・ロナウドにとって、このゴールはRマドリードでのCL通算100点目となり、同一チームで史上初めて3桁の得点を決めた選手となった。ベルナベウはこのゴールによって勢いを取り戻し、「コモ・ノ・テ・ボイ・ア・ケレール(どうして愛さずにいられようか)」「アレ・Rマドリード」などのチャントをスタジアム全体に響かせている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. C・ロナ2発!RマドリードがPSGに逆転勝ち/欧州CL