2018.2.15 18:21

カズ、最年長ゴールでギネス認定「僕自身はそれほど意識しなかったが光栄」

カズ、最年長ゴールでギネス認定「僕自身はそれほど意識しなかったが光栄」

ギネスの認定証を手にフォトセッションに臨む横浜FC・三浦(右)=東京・六本木(撮影・山田俊介)

ギネスの認定証を手にフォトセッションに臨む横浜FC・三浦(右)=東京・六本木(撮影・山田俊介)【拡大】

 横浜FCのFW三浦知良が、「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」にあたるとしてギネス世界記録に認定。15日に行われた2018Jリーグキックオフカンファレンスにおいて、認定セレモニーが行われた。

 対象となったのは、2017年3月12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節・ザスパクサツ群馬戦で、三浦が40分に挙げた得点。当時の年齢は50歳14日で、自身の持っていたリーグ記録を更新する形だった。

 三浦は認定セレモニーにて「こういうギネスという、僕自身はそれほど意識したことはなかったんですけど、こういう形で皆さんから祝ってもらい、この場でこうやって賞をいただいたことを光栄に思います。ありがとうございます」とコメントした。

 なお、三浦は今季も現役を続行。プロ33年目のシーズンを迎える。横浜FCのJ2開幕戦は、25日に行われる松本山雅FCとのホームゲームだ。(Goal.com)

  • ギネスの認定証を手にフォトセッションに臨む横浜FC・三浦=東京・六本木(撮影・山田俊介)
  • ギネス記録に認定されたゴール写真を手にフォトセッションに臨む村井チェアマン(左)と横浜FC・三浦=東京・六本木(撮影・山田俊介)
  • カズ、最年長ゴールでギネス認定「僕自身はそれほど意識しなかったが光栄」
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. カズ、最年長ゴールでギネス認定「僕自身はそれほど意識しなかったが光栄」