2018.2.15 05:00(1/2ページ)

【W杯イヤー J1かく戦う(7)】浦和&仙台

【W杯イヤー J1かく戦う(7)】

浦和&仙台

★浦和、国内王座奪還へ鍵は攻撃陣

 昨季は10年ぶりにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)を制しながら、J1は7位に低迷した。2季目の堀監督は国内タイトル獲得に向けて巻き返しを期す。

 てこ入れしているのは攻撃だ。昨季12得点のFWラファエルシルバの移籍もあり、速攻以外の引き出しを増やしたい。キャンプでは3トップが連動しながらパスワークで崩す形を模索。柏から加わった武富は位置取りや動きだしが巧みで持ち味を生かせそうだ。横浜Mから補強したマルティノスはやや出遅れている。

 DF槙野はセンターバックでの起用が増える見込み。岩波の加入もあって、守備ラインの定位置争いは激しくなった。右足首痛の守備的MF青木が開幕に間に合わなければ、DF遠藤を中盤に回す可能性もある。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【W杯イヤー J1かく戦う(7)】浦和&仙台