2018.2.14 07:10(1/2ページ)

ユベントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く

ユベントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く

ユベントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く

ユベントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く【拡大】

 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦が13日に行われ、ユベントスとトットナムが対戦した。

 ユベントスはパウロ・ディバラ、フアン・クアドラード、ブレーズ・マテュイディ、アンドレア・バルザーリといった選手が欠場。中盤にはフェデリコ・ベルナルデスキが入り、ミラレム・ピアニッチがアンカーに入った。

 一方のトットナムはハリー・ケイン、デレ・アリを始めとしてほぼベストメンバー。また、ソン・フンミンではなくエリック・ラメラを起用している。

 すると、ホームのユベントスが最初のチャンスで、ファンを熱狂の渦に包み込む。ピアニッチのFKからチップキックで前線へ送られると、合わせたのはゴンサロ・イグアイン。後ろから来たボレーで流し込み、エースとして大きな1点を挙げる。

 さらに8分、ベルナルデスキがエリア内でベン・デイヴィスのファウルを受けて、PKを獲得。これをイグアインがゴール左にねじ込み、あっという間にトットナムを突き放す。

 2点をリードしたユベントスは、ラインを下げてトットナムを待ち構える。必然的にトットナムの支配率が高まるものの、ジャンルイジ・ブッフォンと守備陣の奮闘でゴールは生まれない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. セリエA
  4. ユベントス、ホームで2点リードを守りきれず…イグアインのPK失敗が響く