2018.2.10 16:08

高校選抜が勝つ…前橋育英・飯島が殊勲のゴール「打てば入ると思った」

高校選抜が勝つ…前橋育英・飯島が殊勲のゴール「打てば入ると思った」

前半、シュートを放つ日本高校サッカー選抜・飯島陸=埼玉スタジアム2002(撮影・甘利慈)

前半、シュートを放つ日本高校サッカー選抜・飯島陸=埼玉スタジアム2002(撮影・甘利慈)【拡大】

 Jリーグのシーズン到来を告げる富士ゼロックス・スーパーカップは10日、埼玉スタジアムで行われ、前座試合では日本高校選抜がU-18(18歳以下)Jリーグ選抜を2-1で下した。

 日本高校選抜がU-18Jリーグ選抜に競り勝った。1-0の前半36分、優勝した全国高校選手権で得点王に輝き、U-19(19歳以下)日本代表にも選出された飯島(群馬・前橋育英)がゴール前でロングスローのこぼれ球を拾い、相手を突き放す得点。「打てば入ると思った」と胸を張った。

 飯島とともに優勝メンバーの田部井主将は高校選手権決勝で戦った宮本(千葉・流通経大柏)と守備的MFのコンビを組み「泥くさく、粘り強く戦おうと言っていた」と満足感に浸った。

  • 試合に勝利し喜び合う高校サッカー選抜の飯島陸(中央)ら=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、チーム2点目となるゴールを決める高校サッカー選抜の飯島陸(中央)=埼玉スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 高校選抜が勝つ…前橋育英・飯島が殊勲のゴール「打てば入ると思った」