2018.1.25 18:16(1/3ページ)

世界収益ランキング1位はマンU!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに

世界収益ランキング1位はマンU!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに

世界収益ランキング1位はマンU!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに

世界収益ランキング1位はマンU!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに【拡大】

 世界最大規模を誇る会計事務所『デロイト』は、2016-17年版の「フットボール・マネーリーグ」の結果を公表。マンチェスターUが、6億7600万ユーロ(約917億円)の収益を記録し、10度目のサッカークラブ長者番付1位に輝いた。

 『デロイト』社が毎年行っている「フットボール・マネーリーグ」。これは、世界各国のサッカークラブを対象に、以下の要素を集計してランキング化したものである。

 ・入場料収入(チケット収入、法人年間契約席を含む)

 ・放映権収入(国内リーグ、各種カップ戦、欧州選手権等からの分配金を含む)

 ・スポンサー収入(マーチャンダイジング収入<グッズ販売など>、スタジアムツアー、その他のスポンサー業務から生み出される収入を含む)

 ■最高収入を記録したのは“赤い悪魔”トップ3の顔ぶれは変動なし

 昨シーズン、プレミアリーグでは6位に終わりながらも、UEFAヨーロッパリーグで優勝を達成したマンチェスター・U。2016-17シーズンの優勝賞金は4450万ユーロ(約60億円)と、これは2011-12シーズンにAマドリードが手にした賞金額のおよそ4倍。全世界で多くのファンを持つ“赤い悪魔”は、Rマドリードを追い抜き首位に立った。

 首位陥落となったRマドリードは、2位に転落。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラ優勝に加え、史上初のチャンピオンズリーグ(CL)連覇、さらに昨年末行われたクラブ・ワールドカップや、スペイン・スーパーカップでも優勝するなど多くの成功を収めた。しかし、昨季の収益は6億7460万ユーロ(約915億円)で、ユナイテッドにわずか170万ユーロ(約2億円)届かなかった。これは、史上最も僅差であった

 3位は、6億4830万ユーロ(約879億円)を上げたバルセロナ。そして4位がBミュンヘンで5億8780万ユーロ(約797億円)、5位が5億2770万ユーロ(約716億円)を上げたマンチェスターCとなっている。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. 世界収益ランキング1位はマンU!917億円でレアル、バルセロナを抑えトップに