2018.1.14 08:54(1/2ページ)

敗戦レアル、ジダン監督の説明は「ボールがゴールに入りたがらない」

敗戦レアル、ジダン監督の説明は「ボールがゴールに入りたがらない」

敗戦レアル、ジダン監督の説明は「ボールがゴールに入りたがらない」

敗戦レアル、ジダン監督の説明は「ボールがゴールに入りたがらない」【拡大】

 13日のリーガエスパニョーラ第19節、Rマドリードは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのビリャレアル戦を0-1で落とした。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、チームが敗戦には値しなかったことを強調している。

 不調に陥るRマドリードはこの試合でも決定力を欠き、終盤にカウンターからMFパブロ・フォルナルスのゴールを許して敗戦。リーガここ3試合の成績は1分け2敗となり、優勝を争うどころか、チャンピオンズリーグ出場権争いに巻き込まれている。

 試合後に会見に出席したジダン監督は敗戦の理由として、今季に入ってから口にし続けている言葉を述べた。即ち、「ボールがゴールに入りたがらない」である。

 「結局のところ、ボールがゴールに入りたがらないことが問題なんだ。私たちはこんな結果に値しない。思うに、チームは良い試合を演じていたよ。しかしボールが枠に入りたがらないとなると、難しい。その後に彼らのカウンターを防ぐことができず、全員が失望することになった」

 「ボールが(枠に入ることを)望んでくれない……。決定機を迎えたならば決め切らなければいけないが、ときにボールが入りたがらないんだよ。気に留める必要がない場合もあるが、最近はそれがずっと続いている。ゴールを決めるためのチャンスは得ていたのが……、とにかく、私たちはこんな仕打ちには値しない」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. 敗戦レアル、ジダン監督の説明は「ボールがゴールに入りたがらない」