2018.1.14 19:30(1/3ページ)

A・サンチェスの行末は? マンCが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否

A・サンチェスの行末は? マンCが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否

A・サンチェスの行末は? マンCが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否

A・サンチェスの行末は? マンCが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否【拡大】

サンチェス獲得レースをリードするシティ

 マンチェスターCは依然として、1月にアレクシス・サンチェスを獲得する期待を抱いている。とはいえ、マンチェスターUも同選手の獲得に向けてアプローチを仕掛けているようだ。『Goal』の取材によって明らかとなった。

 シティとしては、プレミアリーグのライバルクラブによる興味が明らかになったとはいえ、サンチェス獲得プランを変更することはなく、さらにそれ以外に少なくとも一人の新戦力の獲得に向けて動いていると見られる。

 そう、ユナイテッドがサンチェスについてアーセナルにアプローチを仕掛けていると報じられたのは11日のこと。シティの関係者は、このアプローチが代理人やライバルクラブに対するけん制行為なのか、それとも同じ街のライバルが本気で獲得を試みているのかについて、判断をつきかねているようだ。

 いずれにしても、マンチェスター・Cは冬の移籍市場が閉じるまでにサンチェス獲得を目指して、アーセナルとの交渉を継続することになるだろう。

 プレミアリーグの上位を走るクラブは、サンチェスがすでにペップ・グアルディオラと仕事をすると決心しているため、他のいかなる移籍話にも耳を貸さないだろうと考えている。

 つまりシティは、昨夏のダニエウ・アウベスの獲得騒動の時と似たような状況に置かれていると言えるかもしれない。このブラジル人サイドバックはシティ加入について個人合意に達し、ユベントスからの退団を決意し、さらにはグアルディオラとバルセロナで昼食までともにしていた。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. A・サンチェスの行末は? マンCが最右翼候補も必要以上の支払いは拒否