2018.1.14 02:15(1/2ページ)

チェルシー、10人のレスターから点を奪えず4試合連続ドロー 岡崎は先発も途中交代

チェルシー、10人のレスターから点を奪えず4試合連続ドロー 岡崎は先発も途中交代

特集:
岡崎慎司
チェルシー、10人のレスターから点を奪えず4試合連続ドロー 岡崎は先発も途中交代

チェルシー、10人のレスターから点を奪えず4試合連続ドロー 岡崎は先発も途中交代【拡大】

 現地時間13日、イングランド・プレミアリーグ第23節が行われ、岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地スタンフォード・ブリッジでチェルシーと対戦しスコアレスドローに終わった。先発した岡崎は、数的不利となった後の73分までプレーしている。

 FAカップが開催されていたため2週間ぶりとなるリーグ戦。新年初戦を白星で飾ったレスターに対し、チェルシーはFAカップ、カラバオカップ含め3試合連続ドローと2018年いまだ勝利がない。

 この試合でも、アルバロ・モラタ、エデン・アザール、セスク・ファブレガスが揃って先発したものの、立ち上がりからレスターの鋭いカウンターが目立つ展開に。13分にはレスターに決定機。右CKをゴール前でフリーとなっていたウィルフレッド・ンディディが頭で押し込む。しかし、これはGKティボー・クルトゥワが横っ飛びではじき出した。

 その後もチェルシーは思うように試合を支配できず、中盤でボールを失いレスターにカウンターを許す場面が散見される。そんなレスターの守備を前線から支えていたのが岡崎。時には中盤まで下がってスライディングを見せるなど、チームのボール奪取に貢献していた。

 思うように試合を進められていないチェルシーはさらに33分、ギャリー・ケイヒルが足を痛めてプレー続行不可能となり、アンドレアス・クリステンセンとの交代を余儀なくされた。

 レスターは37分、岡崎とプレスをかけたジェイミー・ヴァーディが相手ペナルティーエリア内でボールを奪い、横パスを受けた岡崎が反転してシュートを放つ。これはDFにブロックされ、こぼれ球をマーク・オルブライトンが狙うもゴール左へと外れる。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. チェルシー、10人のレスターから点を奪えず4試合連続ドロー 岡崎は先発も途中交代