2018.1.13 15:43(1/3ページ)

今季もケガに苦しんだ武藤、ゴール量産への2つのカギ

今季もケガに苦しんだ武藤、ゴール量産への2つのカギ

特集:
武藤嘉紀
今季もケガに苦しんだ武藤、ゴール量産への2つのカギ

今季もケガに苦しんだ武藤、ゴール量産への2つのカギ【拡大】

 武藤嘉紀(マインツ)

 前半戦の結果:13試合出場(先発11)・3得点・2アシスト

 チーム内の序列:FWのレギュラークラス

 前半戦採点:55点。負傷離脱もあり、及第点には至らない

 後半戦の目標:ゴールラッシュでチームの残留に貢献する

 文=遠藤孝輔

10月以降に無得点の前半戦は文字通りの尻すぼみ

 マインツ加入3シーズン目の武藤嘉紀が開幕前に期待されたのは、ケルンに移籍したジョン・コルドバに代わる前線の牽引車となることだ。ケガに泣かされた過去2シーズンを上回るパフォーマンスを期し、本人もゴールの増加に並々ならぬ意欲を示していた。

 その目標達成に向けた“第一関門”は突破した。昨夏に加入したボスニア・ヘルツェゴビナ代表のFWケナン・コドロとのレギュラー争いに勝ち、1トップの定位置を掴んだのだ。ブンデスリーガの開幕スタメンに自身初めて名を連ねると、国内リーグで順調に得点を重ねる。しかも、その全てがビューティフルゴール。第3節レーバークーゼン戦での左足のダイレクトボレーは「マインツ日本人の空手キック」(ビルト紙)と話題を呼び、第5節ホッフェンハイム戦では鮮やかな3人抜きゴールで度肝を抜いた。そして、第7節ウォルフスブルク戦では技ありのヘディングシュートで貴重な同点弾を記録している。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. ブンデスリーガ
  4. 今季もケガに苦しんだ武藤、ゴール量産への2つのカギ