2018.1.5 18:05(1/2ページ)

ハリル監督「日本代表は時々メンタル面での問題が起こる」 W杯躍進のカギを語る

ハリル監督「日本代表は時々メンタル面での問題が起こる」 W杯躍進のカギを語る

特集:
ハリルJAPAN
ハリル監督「日本代表は時々メンタル面での問題が起こる」 W杯躍進のカギを語る

ハリル監督「日本代表は時々メンタル面での問題が起こる」 W杯躍進のカギを語る【拡大】

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が『Goal』フランス語版で独占インタビューに応じた。ついにあと半年にまで迫ったロシア・ワールドカップ、そしてその後の去就について口を開いている。

 日本代表はロシア・ワールドカップアジア最終予選で苦戦しながらも、6大会連続6度目の本大会出場を決めた。初戦を落としながら、突破したのはアジアの中では日本が初めてとなる。これまで同様、平坦な道のりではなかったことは、皆が知るとおりだ。

 無論言うまでもなく、異国からやってきたアジア最終予選初挑戦のハリルホジッチにとっても楽な戦いではなかった。「縦に速いサッカー」をスタイルに掲げたことで、メディアからは「守備的すぎる」と批判を受けた。加えて最終予選の初戦にホームでUAEに敗れたことや勝ちきれなかったことから解任論も噴出した。それでも大一番となった8月31日のオーストラリア戦で勝利し、ワールドカップ出場を決めるとともに自らの手腕を証明してみせた。ロシア大会は指揮官にとっても2度目の本大会となるが、その思いは強い。

 「ワールドカップは私の目標のひとつだ。今回、私自身監督として3度目の挑戦で3度予選を通過したことになる。大きな成功と言えるだろう。アルジェリア代表とともに戦ったブラジルでのワールドカップはとても良い思い出だ。そして今、私の心の中にあるのは、日本代表とともにアルジェリアのような成功を収めたいということだ」

 本大会ではポーランド、コロンビア、セネガルと同組となった日本。簡単なグループではないことを認めながら、前回大会アルジェリアで躍進したハリルホジッチは、準備次第でどんなことも起こりうると主張する。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. ハリル監督「日本代表は時々メンタル面での問題が起こる」 W杯躍進のカギを語る