2017.12.26 19:37

横浜M・遠藤は1月5日から合流 天皇杯決勝進出を考慮

横浜M・遠藤は1月5日から合流 天皇杯決勝進出を考慮

特集:
遠藤航

 日本サッカー協会は26日、来年1月に中国で行われるU-23(23歳以下)アジア選手権に臨む日本代表を発表し、岩崎(京都)、初瀬(G大阪)ら23人を選出した。2連覇を狙う日本は2020年東京五輪の対象となる21歳以下の編成で臨む。

 遠藤は所属する横浜Mが元日の天皇杯全日本選手権決勝に進んだことを考慮され、来年1月2日の始動から遅れて5日に合流する。オフを過ごしている他の選手に比べて厳しい日程だが、本人に東京五輪を目指すチームに加わりたいとの思いが強く、クラブと協議して短い休暇を挟んでの参加となった。

 森保監督は「本人の意思と派遣してくださるクラブに感謝したい」と謝意を示した。

日程へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 横浜M・遠藤は1月5日から合流 天皇杯決勝進出を考慮