2017.12.17 05:03

【63年ぶり屈辱一問一答】ハリル監督「日本の現状を全員で見ていかないと」

【63年ぶり屈辱一問一答】

ハリル監督「日本の現状を全員で見ていかないと」

特集:
ハリルJAPAN
試合後、表情が冴えないハリル監督=味の素スタジアム(撮影・中井誠)

試合後、表情が冴えないハリル監督=味の素スタジアム(撮影・中井誠)【拡大】

 東アジアE-1選手権最終日(16日、日本1-4韓国、味スタ)国際連盟(FIFA)ランキング55位の日本は、同59位の2位韓国に1-4で逆転負けし、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。日本は前半3分、FW小林悠(30)=川崎=の2戦連発となるPKで先制したが、その後立て続けに失点。ホームで韓国に3点差以上で敗れたのは1954年以来、実に63年ぶりの屈辱となった。

 --試合を振り返って

 「最初からこのチームには厳しく言わない方がいいと思っていた。今回呼べなかった選手が11人ぐらいいた。しかしその選手たちがいたとしても、きょうの韓国とは難しい試合になっていただろう。空中戦でも地上でも1対1で負けていた」

 --W杯に向けたテストとしては

 「テストも1つの目的だった。21人がピッチに立ったが結果はご覧の通り。招集できるベストのメンバーだった。ホームで、このようにパワーを使われて支配されたのがなぜなのか、理解しないといけない。私はすでに分析しているが、それを報告すると多くの人は喜ばないだろう」

 --W杯は大丈夫か

 「この大会で2勝した。それはいい結果だった。違う評価をされるなら、私とは違った意見だと思う。この試合だけを見たら失望する方もいるかもしれない。私が就任して最も点差の開いた試合で、私も残念だ。日本の現状を全員で見ていかないといけない。しかし、私はW杯で待ち受けるものがどういうものかはわかっている。こういったことを教訓にしないといけない。これからもW杯に向けてベストを尽くしていく」

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • ハリル・ジャパン全成績
  • 東アジアE-1選手権・歴代優勝国と日本の成績
  • サッカー・日本代表W杯終了までの主な日程
  • 日本の3点差以上で負けた韓国戦成績
  • 日本の1993年以降の韓国戦成績
  • 1954年3月7日・日本の韓国戦スタメン
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【63年ぶり屈辱一問一答】ハリル監督「日本の現状を全員で見ていかないと」