2017.11.18 16:22

新潟、無念のJ2降格が決定 2004年のJ1昇格以来初

新潟、無念のJ2降格が決定 2004年のJ1昇格以来初

新潟、無念のJ2降格が決定 2004年のJ1昇格以来初

新潟、無念のJ2降格が決定 2004年のJ1昇格以来初【拡大】

 11月18日に明治安田生命J1リーグ第32節が行われ、アルビレックス新潟はヴァンフォーレ甲府に1-0で勝利を収めた。しかし、残留を争うサンフレッチェ広島が勝利を収めたため、2004年のJ1昇格後初となるJ2降格が決定した。

 新潟は、1999年にJFLからJ2に参入。2003年に反町康治監督のもと、広島、川崎フロンターレとの熾烈な昇格争いを制し、J2優勝。クラブ初のJ1昇格を勝ち取った。2004年のJ1昇格後は、1度もJ2降格を経験しておらず、今回が初のJ2降格となった。

 今季は三浦文丈新監督のもと、シーズンをスタートさせたが、リーグ戦10試合で1勝1分8敗と振るわず、辞任を発表。呂比須ワグナー監督が後任を引き継ぐと、いきなり新体制初陣で勝利を飾り、勢いに乗るかと見られたが、その後16試合連続未勝利とクラブワースト記録を更新。

 J1第29節はガンバ大阪相手に17試合ぶりの勝利を収め、J1第30節のジュビロ磐田戦はドロー。前節はサガン鳥栖に勝利を収めて4戦負けなしだったが、無念の降格となった。(Goal.com)

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 新潟、無念のJ2降格が決定 2004年のJ1昇格以来初