2017.11.1 14:13(1/6ページ)

バレンシアの復活と“反撃のウイルス” コウモリが悪夢から覚めるとき…

バレンシアの復活と“反撃のウイルス” コウモリが悪夢から覚めるとき…

バレンシアの復活と“反撃のウイルス” コウモリが悪夢から覚めるとき…

バレンシアの復活と“反撃のウイルス” コウモリが悪夢から覚めるとき…【拡大】

 今季のラ・リーガを盛り上げているのは、世界に誇る2強でも、シメオネ率いる情熱のチームでもない。大きな失望も経験したバレンシアが、復活の狼煙を上げている。

 王者Rマドリードと打ち合いを演じ、Aマドリードとスコアレス、そしてセビリアからは4ゴールを挙げてみせた。いずれも黒星を喫することなく、強豪から勝ち点を奪取。序盤10試合を終えて2位と優勝争いにも絡んでいる。

 2001-02、2003-04シーズンにラ・リーガを制し、チャンピオンズリーグの常連でもあった彼らは、しかしながらここ2年は二桁順位に沈んでいた。なぜ彼らは再び息を吹き返し、リーガを席巻する存在になっているのか。

 いよいよ本物の薫りを見せ始めたバレンシア。その中枢に迫る。(序文=Goal編集部)

 ◆悪夢の終わりと、来る目覚めのとき

 降格圏にどれだけ近づいたかに思いを巡らせ、ため息をついてからベッドに横たわった日々は終わりを告げた。アラベス、エイバル、グラナダとの試合に生死を賭けていた日々はやっと過ぎ去った。チャンピオンズを戦うスペイン勢を羨望の眼差しで見つめていた日々は、ついに過去のものとなった。2年半にわたる長い、長過ぎる悪夢が終わり、バレンシアはようやく目を覚ましたのだ。

 シンガポールの投資家ピーター・リムがクラブのオーナーとなり、彼の右腕であるレイホーン・チャンが会長を務めてから、終わりの見えない私たちの悪夢が始まった。リムが到着したシーズンには、ヌノ・エスピリト・サント指揮下でチャンピオンズ出場権を獲得するなど、束の間の心地良い夢を見ることができた。だが、それ以降に待ち受けていたのは、外国人オーナーに買収されたクラブの典型的な、悲劇的な運命だったのである。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. スペイン
  4. バレンシアの復活と“反撃のウイルス” コウモリが悪夢から覚めるとき…