2017.9.23 21:54

初出場の横浜M・シノヅカがゴール こぼれ球を冷静に押し込む「まずは結果を出せて良かった」

初出場の横浜M・シノヅカがゴール こぼれ球を冷静に押し込む「まずは結果を出せて良かった」

 明治安田生命J1リーグ第27節(23日、甲府3-2横浜M、中銀ス)後半途中出場でJ1デビューした横浜Mのシノヅカがロスタイムにゴールを挙げた。FKのこぼれ球を右足で冷静にゴール右に決め「相手に当てずに枠に入れることだけを考えた。まずは結果を出せて良かった」と手応えを口にした。

 千葉県出身で日本人の父とロシア人の母を持つ。ロシア国籍でスパルタク・モスクワのセカンドチームから今夏に加入した。異色の22歳のMFは「勝ち越し弾で、もっと喜びたかった」と、次は勝利につながるゴールを目指す。

横浜M・モンバエルツ監督「ミスもあり、プラン通りにいかなかった。相手の5バックを崩すのに、もう少しサイドの幅を使いたかった」

試合結果へ

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 初出場の横浜M・シノヅカがゴール こぼれ球を冷静に押し込む「まずは結果を出せて良かった」