2018.7.29 05:02

武藤、ニューカッスル正式決定!移籍金13億8000万円

武藤、ニューカッスル正式決定!移籍金13億8000万円

特集:
武藤嘉紀
武藤嘉紀

武藤嘉紀【拡大】

 【ロンドン27日(日本時間28日)】イングランド・プレミアリーグのニューカッスルは、日本代表FW武藤嘉紀(26)をブンデスリーガ、マインツから獲得することで合意したと発表した。既にメディカルチェックを済ませ、英国の労働許可証を取得すれば正式決定する。英メディアによると移籍金は950万ポンド(約13億8000万円)。昨季はプレミアリーグ10位で、今季は8月11日の開幕戦でトットナムと対戦する。

 満を持して憧れの舞台に挑む。W杯日本代表の武藤が「最終的にはプレミアに挑戦したいと思っていた。そこに身を置ければ刺激的な毎日になる」と熱い思いを抱き続けたイングランド・プレミアリーグへの移籍を勝ち取った。

 2015年、FC東京に在籍していた武藤にプレミアの強豪チェルシーから獲得のオファーが届いた。海外でのプレーへの思いは強かったが、欧州王者になったこともあるビッグクラブにいきなり飛び込むリスクは避けた。出場機会などを考慮し、現実的なステップとしてマインツを初の海外挑戦の場に選んだ。

 その後の3シーズンは、けがで離脱する時期もありながらリーグ戦通算66試合出場で20得点をマーク。ドイツで自信を得るとともに「より厳しい環境に身を置くのが成長につながる」との思いが膨らんだ。

 スプリント力や当たり負けしない体の強さは日本人でもトップクラス。高い身体能力が求められるプレミアリーグで、どこまで通用するか。日本がベスト16入りしたW杯ロシア大会は1試合のみの出場で、個人的には不完全燃焼だった。新天地で4年後への再スタートを切る。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 武藤、ニューカッスル正式決定!移籍金13億8000万円