2017.6.14 12:00(2/3ページ)

【賀川浩観戦記「ロシアへの道」】「自分の責任」が欠如した失点シーン

【賀川浩観戦記「ロシアへの道」】

「自分の責任」が欠如した失点シーン

特集:
賀川浩観戦記

 後半から試合をみた人は、どっちが勝ち点上位のチームか分からなかったかもしれない。W杯出場の望みがないイラクにがんがん攻められてドロー。日本国中の人がなんで勝てないんだと思っているだろうが、これがサッカーというスポーツの面白いところだろう。

 政情不安で中立地での開催となったが、これはイラクのホームゲーム。サッカーはその国で一番の人気のスポーツであるから国際試合になると、どことどんな状況で対戦しても、選手は負けられないと頑張るもので、ホームならば、より力が入る。そこで勝つには競り合いの強さや、1対1で粘ってボールを自分のものにする強さが必要だが、チーム全体に足りなかった。

 先制シーンは停止球から。本田がこすりあげるようにコントロールしたボールは、ニアに走り込んだ大迫を狙ったもので、技術の高さが出た。早い時間帯に先制できたのもよかった。意図的にやっているかどうかは別にして、今の代表チームの得点パターンはCK、FKが多く、そこから守るというのが、ここのところの傾向になっている。本田は所属クラブで出場機会が少なく、最近ベンチスタートが多かったが、先発で出るとセットプレーの可能性が高まることが改めて実証されたといえるだろう。

 ただ、それ以外は大きな見せ場はなく、特に後半は相手陣に攻め込んでも本田、原口らが簡単にボールを奪われることが多く、受け身になった。ピッチ状態も悪かったようだが、こちらが攻勢に出たところで、すぐに相手のカウンターを浴びるような取られ方が続けば、主導権は握れない。

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 【賀川浩観戦記「ロシアへの道」】「自分の責任」が欠如した失点シーン