2017.6.2 13:15

【J試合情報】横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ 6月4日

【J試合情報】

横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ 6月4日

特集:
Jリーグ試合情報

 ・エリック・モンバエルツが横浜FMの監督に就任して以降、J1での川崎戦4試合で3敗している(1勝)。

 ・横浜FMがJ1で決めた直近7得点中3点はセットプレーから生まれている。

 ・一方、川崎はセットプレーから今季リーグベストの1失点しか許していない(神戸と並ぶ)。

 ・横浜FMはJ1のホーム戦で今季リーグ2位タイの勝ち点14を獲得している(C大阪と並ぶ)。

 ・川崎はJ1でのアウェイ戦、現在2試合連続クリーンシートで勝っている。今節も無失点に抑えて勝利すると、アウェイでクリーンシート3連勝を達成し、J1でのクラブ史上初となる。

 ・マルティノスは今季32回ファウルをもらっていて、ドリブルは55回仕掛けている。共にリーグトップの数字である。

 ・しかし、川崎は今季リーグで最もファウルをしていないチーム(134回、リーグ平均163回)。

 ・小林悠はJ1での横浜FM戦直近4試合で4得点に直接関与している(2得点2アシスト)。直近の横浜FM戦では、1得点1アシストを記録した。

 ・この試合で、昨季以降最もアシストを記録している中村憲剛(14回)と齋藤学(13回)が相見える。しかし、両選手共に今季4月8日以降、J1でアシストを記録していない。

 ・今季J1で、天野純がウーゴ・ヴィエイラのパスを出した回数は僅かに4回。しかし、その4つのパスは全てシュートに繋がっていて、うち2本は得点となっている。

データ提供:opta

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 【J試合情報】横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ 6月4日