2017.5.30 21:32

初先発の高木、2度の好機逃す「何かを残そうという気持ちでやったが…」

初先発の高木、2度の好機逃す「何かを残そうという気持ちでやったが…」

特集:
U-20代表
前半、攻め込む高木=大田(共同)

前半、攻め込む高木=大田(共同)【拡大】

 U-20W杯韓国大会決勝トーナメント1回戦(30日、日本0-1ベネズエラ、大田)初先発となった高木は2度の好機を逃した。前半39分に左クロスに詰めたが、シュートは枠の外。後半12分には堂安のパスに抜け出して右足で狙ったが、GKの好守に阻まれた。

 追加招集でメンバー入りしたFWは「何かを残そうという気持ちでやったが、それができなかった」と厳しい表情。「この悔しさをチームに持ち帰ってやっていくしかない」と必死に前を向いた。(共同)

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ

  • 前半、攻め込む高木=大田ワールドカップ競技場(撮影・蔵賢斗)
  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 日本代表
  4. 初先発の高木、2度の好機逃す「何かを残そうという気持ちでやったが…」