2017.5.2 21:40

ライ会長の汚職事件、国際水連フセイン副会長が関与か

ライ会長の汚職事件、国際水連フセイン副会長が関与か

 英タイムズ紙(電子版)は2日、米国の裁判で約100万ドル(約1億1200万円)の収賄を認め、国際サッカー連盟(FIFA)から90日間の暫定活動停止処分を科されたグアム・サッカー協会のライ会長の汚職事件に、国際水連のフセイン副会長(クウェート)が関与した疑いが浮上したと報じた。

 米当局の起訴状に「アジア・オリンピック評議会(OCA)幹部でクウェート・サッカー協会(KFA)役員」が「3人目の共謀者」として関与したとの記述があり、同紙はOCA事務局長でKFA副会長のフセイン氏が該当するとしている。

 また同紙はライ会長の起訴状に「3人目の共謀者やその部下が動かせるクウェートの口座から、2009年から14年にかけてライ会長が少なくとも77万ドルを受け取った」と記されているとした。(共同)

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 欧州CL・海外etc
  4. ライ会長の汚職事件、国際水連フセイン副会長が関与か