2017.3.11 12:11

J2長崎、一転ジャパネット支援を受容 NOVAを拒否

J2長崎、一転ジャパネット支援を受容 NOVAを拒否

記者会見でジャパネットホールディングスの増資を受け入れると発表したV・ファーレン長崎の荒木健治会長(左)ら=長崎市

記者会見でジャパネットホールディングスの増資を受け入れると発表したV・ファーレン長崎の荒木健治会長(左)ら=長崎市【拡大】

 経営が悪化しているサッカーJ2のV・ファーレン長崎は11日、長崎市で記者会見し、筆頭株主の通信販売大手ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)の増資を受け入れると発表した。

 10日午後に、出資を持ち掛けた英会話教室大手のNOVAホールディングス(東京)の支援を受けると表明していたが、長崎の事業者で経営を支える「県民クラブ」としての存続を重視し、方針を一転した。

 J2長崎の荒木健治会長は会見で「ジャパネットと10日夜に話し合い、手を取り合って経営することが可能との思いに至った」と語った。NOVAの株式取得はジャパネットが難色を示しているため応じない。

 ジャパネットは3年で10億円以上を出資して子会社化し、ジャパネット創業者で前社長の高田明氏が経営立て直しを主導する構想を抱く。

 J2長崎は10日夜に取締役が集まり、ジャパネットに対し第三者割当増資を実施することで合意。3月中に臨時株主総会を開き、最終決定する。NOVAは「広告やサッカー教室の展開など、間接的にはなるが、サポートを検討したい」とのコメントを出した。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. J2長崎、一転ジャパネット支援を受容 NOVAを拒否