2017.1.10 17:33

元日本代表FW高松大樹氏が大分市議選に出馬!サッカー選手から政治家に転向

元日本代表FW高松大樹氏が大分市議選に出馬!サッカー選手から政治家に転向

日本代表でも活躍した高松大樹氏

日本代表でも活躍した高松大樹氏【拡大】

 昨季限りで現役を引退したサッカー元日本代表で、J2大分などでプレーした高松大樹氏(35)が10日、自身のブログを更新。2月に行われる大分市議選に立候補することを表明した。

 高松氏は「この度、大分市議会議員選挙に立候補することを決意しました」と報告。昨年の現役引退決意後から「自分にできることを試行錯誤しながら考えていた」という。

 「私のすばらしい経験は、地域の方々の支えなしには不可能でした。スタジアムでの応援、あるいは多くのイベントでの応援など、感謝しかありませんでした」とつづると、「その感謝を考えた時に、地域への恩返しで大分市議会議員になることを自ら決意しました」と、出馬決断までの経緯を説明した。

 最後に「サッカー界から政治の世界への転身は、厳しいものがあるとは覚悟の上です」と、困難を承知の上での決断であったことを強調した。

 高松氏は2000年に大分に入団。04年にはアテネ五輪に出場した。17年間のプロ生活で16シーズン、大分に在籍した。J1、J2、J3のリーグ戦では通算364試合に出場。日本代表として2試合に出場している。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. 国内その他
  4. 元日本代表FW高松大樹氏が大分市議選に出馬!サッカー選手から政治家に転向