2017.1.6 12:20(1/3ページ)

侮辱発言をSNSに投稿した英下部リーグの選手が即解雇

侮辱発言をSNSに投稿した英下部リーグの選手が即解雇

人としてあるまじき内容の侮辱発言をSNSに投稿した英下部リーグの選手が即解雇

人としてあるまじき内容の侮辱発言をSNSに投稿した英下部リーグの選手が即解雇【拡大】

 サザンフットボールリーグ・プレミアディヴィジョン(英7部)を戦うハッチン・タウンFCは、チームが保有するアルフィー・バーカーを解雇したと発表した。バーカーは、プレミアリーグ第20節ボーンマス対アーセナルを観戦中に、ボーンマスMFハリー・アーターを侮辱する内容の投稿をSNS上で行い、多方面から非難を浴びていた。

 19歳のバーカーは自宅で応援するアーセナルの試合を見ていたが、ボーンマス相手に3点のビハインドを背負うと機嫌を悪くし、我を失ったかのように乱暴で下品な投稿をしてしまったようだ。SNS上で彼は「子供が生まれるのを待つ9か月間の後に味わう深い悲しみを、また味わうかのような展開だな」と投稿している。

 これは、2015年12月にパートナーとの間にできた娘を死産で亡くしたアーターに向けられたものであり、ボーンマスファンをはじめ、各方面から非難の声が上がっていた。なお、バーカーは事態が深刻なものとなったことを受けてSNSのアカウントを消去しているため、彼の投稿を現在確認することはできない。

 バーカーは『BBC Radio 5』のインタビューに対して、「最低な行為をしてしまった。とても恥ずかしい」と話し、投稿してしまったことへの後悔を語っている。

 「アーセナル戦を家で見ていて興奮していたんだ。3点のリードを許していたアーセナルはいいプレーをしてなくて、とても不愉快だった。何杯かビールも飲んでいたし、アーセナルのプレーに苛立っていて、我を失ってしまっていたんだ。どうして自分がハリー・アーターとその家族を標的にしたのかもわからないし、彼らには本当に申し訳なく思っている」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. プレミアリーグ
  4. 侮辱発言をSNSに投稿した英下部リーグの選手が即解雇