2016.12.21 19:51

村井チェアマン、2ステージ制とCS導入の効果は「限定的」

村井チェアマン、2ステージ制とCS導入の効果は「限定的」

 Jリーグの村井満チェアマンは21日、東京都内で今季の総括会見を開き、2年で終えることになったJ1の2ステージ制とチャンピオンシップについて「ヤマ場ができて露出が増えたことに一定の成果は感じているが、全体の関心度を底上げしたかというと、直接的な影響は限定的だった」と評価を語った。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場枠を決める、アジア・サッカー連盟(AFC)加盟協会ランキングの算出方法が変わることも明らかにした。過去4年の国際大会におけるクラブと代表チームの成績が7対3の割合で反映されているのが、2019年から9対1になり、21年以降はクラブの結果のみを基準にランクされる。

 ACLでJリーグ勢の不振が続けば現在の本戦3枠、プレーオフ1枠が19年以降は減る可能性が高く、村井チェアマンは「ACLが非常に重要な年になる」と強調した。

  1. サンスポ
  2. サッカー
  3. Jリーグ
  4. 村井チェアマン、2ステージ制とCS導入の効果は「限定的」